About Matryoshka

マトリョーシカとは

ロシアの民芸品 "マトリョーシカ" (Матрёшка)

胴体部分がパカっと開き、中から次々と小さい人形が出てくるお人形です。

木 (菩提樹や白樺)で出来ており、一つ一つ手作りで作られるため、

世界に同じものは二つと存在しません。

日本でもおしゃれなインテリア雑貨として人気が高まっています。

民芸品のものから有名作家が書いたものまで様々。

可愛く、美しく、ユニークなマトリョーシカ。

知れば知る程、その不思議な魅力に惹きつけられます。

マトリョーシカという名前の由来

 ”マトリョーシカ”という名は農村によくある名前女性の名前マトリョーナ(Matryona)の愛称から誕生しました。

語源がマザー(mother・母)と同じであることから、家庭円満、子孫繁栄、安産子宝の効果がある人形としても知られています。

 

 

マトリョーシカは招幸人形

一番小さな人形に願い事をし、両手でそっと閉じ込めてゆけば、願い事が叶うという言い伝えもあります。 

マトリョーシカにお願いをすると妊娠するというジンクスもあるそうです。

人形の中からまた人形が出てくることから子孫繁栄、家族が描かれていることから家内安全、

皆に幸せを運ぶ人形と言われています。妊娠中の方や結婚祝い、家族や友人、そして自分自身に

幸運の贈り物としていかがでしょうか。

 

マトリョーシカの歴史

 実はマトリョーシカの歴史はそれほど古くありません。更には起源は日本にあったというから驚きです。

現存する最古のマトリョーシカは、1890年代半ばの制作といわれ、8個組の物でロシアのザゴールスク玩具博物館にあります。

19世紀末、箱根にキリスト教の一派ロシア正教の保養所が箱根にあり、七福神を象った福禄寿の入れ子人形がありました。

ロシア正教の僧侶が持ち帰ったその人形がマトリョーシカの起源だといわれています。

1900年に行われたパリ万博にマトリョーシカを出展した際に注目され、

​世界中で人気者となりました。

fe7907a34a33e102f8798f5d7ce3ef5e.png